彼女の病気をなおしたい
彼女と結婚するときめた。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳内キャバクラ?
そんなこんなで、元に戻ったのですが、後日ドライブ中彼女がわけわからないことを言い始めます・・・。

「わたしが・・・。働かされそうになったキャバクラ・・・。ここの3階・・・。」

・・・・・。

あの・・。これって2階建てなんですけど・・・???

「みえた?」

「いや見えなかった・・・。」

っていうか存在しませんから3階・・・。

まぁ、嘘でしたってこと彼女なりの方法で伝えたのね。と考えるようにした。

このころの彼女の体重は38㌔・・。おそらく一番やばい時期だったのだと思う。

後日彼女曰く・・、俺の愛情を確かめるために?。知り合いのおじさんに拉致られたとメール来て走りまわされたり・・。終電終わって一晩中ファミレスで待たされたり(しかも来ないの)。それはもうひどいもんでした。

俺・・。Mじゃないんですけど・・・(泣)。


精神科
その後も何度も嘘を繰り返すので、少しきつく注意した。

そして、彼女の通う精神科の病院についていって先生にアドバイスを貰うようにした。

雨の降る日、二人待ち合わせて彼女の通う病院へ行った・・。
特殊な病院だから看板などは無いのか、普通のおしゃれな建物という感じで、少し意外だった、中にはカウンセリングを受けにきてる方もけっこういた・・・。

前で待ってる患者さんは自分のHPが荒らしにあったらしく、そのことをずっと憤慨していた。

彼女は慣れた様子で受付を済ませてきたのでハンドマッサージをしてあげながら待った。順番が来たので先に彼女が入り先生に了承を得て俺も続いた・・。

聞きたかったのは彼女が過食嘔吐しているのをどう対処したらいいのか・・。

答えは見守るしかない・・とのこと・・。何もしてあげられないって言うのは正直つらい。一緒に食事することで過食を推進してる気にすらなってくる。

俺はいないほうが彼女の病気の為なんじゃないかとも思い始めた・・。
正直、金銭的な負担も限界に達してきていた・・。

病院代のほうは県か何かの補助がおりるらしく、とても安く済んでいるようだった・・・。

病院の帰りも一緒に食事・・。あいかわらず過食そして嘔吐・・。そんな姿みるのは心底つらいよ。

一月末・・。彼女の体重はまだ40㌔以下・・・。



引越し
彼女が一緒に住みたいと言い出した。

そのときの俺の部屋は駅から50mコンビニの真上で結構いい立地。
1LDKだから一緒に住むにはちょっと狭い。

そんな時後輩が会社の2LDKのマンションを引っ越すとのこと。上司に相談し少し家賃負担は高くなるけど、後輩が引っ越した後。そちらに引っ越すことを了解してもらった。家賃は高くなるけど将来考えればそちらのほうがいいので4月から引っ越すことにした。

2月上旬、彼女はそのことをすごく喜んでくれた。


健康診断
2月、会社の健康診断があった。

結果は尿酸値がE判定、外食生活のせいかもしれない。気をつけなきゃ。

その日も彼女とあって食べ放題に・・。そして食生活を改めなきゃ俺も体壊しちゃうよって話をした。

彼女はたいしたこと無くてよかったねといってエビチリを何皿も食べていた。

わかってんのかな・・、一応再検査しなきゃいけないんだけど。

それに今月はもうお金あまり無いから外食は控えようね。
実際今、後1000円くらいしかないし。そういって二人で駅に向かった。

今日は彼女もお金もってないはずなのに彼女はふらふらとコンビニに入る・・。そして大量のパンをカゴの中に入れ始める。お金の普請されても帰りの電車代がなくなるから、俺は外で待つことに、彼女また過食のパンを買うつもりだ、みてられない・・。止めたほうがいいのだろうかそれすらわかんない。だいたいお金持ってんのか?俺は無いぞ・・・。

彼女はレジにカゴを置き俺の姿が無いことに気づき少しあわててあたりを見回す。俺を見つけて駆け寄り一言「パン買うからお金貸して」

そっちかよ・・。かなりへこむ。さっきも言ったけど今日は持ち合わせないよ、電車代もなくなっちゃう。そう説明しても、彼女はぎりぎりの電車代を残し自分のパンの為に俺から借りて無表情に自分の車で帰っていった・・・。

彼女にとって俺ってなんなの?ああ、わかってます、過食の為の非常用財布だね。

このころから再び、彼女との別れを考え始める・・・。



バレンタイン
バレンタイン前日、お休みだったので一緒にお台場へ遊びに。

彼女はすぐに中華の食べ放題へ向かう・・。せっかくのデートなのにいきなりですか・・。

談笑して食事してたのもすぐに彼女の過食スイッチが入りもくもくと無表情に食べ始める彼女・・。俺のほうはすぐにおなかいっぱいになり、彼女を見てた・・。

悲しい気分になるよ、どうしていいのかわからなくてすぐに不安になる。

まだ、たべる?

そう聞くと彼女はうなずくので、先に買い物をすることにした。

今は作業療法というのをやっていると聞いたので、彼女のプレゼントに自分で革を加工して作るオブジェを買った。

30分ほどたったので食べ放題の店に戻る。彼女の姿がなかったので連絡をとる。ちょうど食べ飽きてトイレに吐きに行ってたようだった。俺を見つけると心配そうに近づいてきた。

その後普通に一緒に買い物をし、ジョイポリスで遊んで帰った。

彼女の車で俺のうちへ近づくと、ミスドが食べたいと言い出した。その前にコンビニに寄ろうといって車を停めてローソンに。俺が飲み物を買っていると「肉まん買っていい?」って聞く彼女・・。ミスドをやめるのならいいよと答えると普通に肉まんやらピザマンやらを買い占める・・。さすがにあきれてしまったが、車に戻ると「これはお母さんへ買って帰らないといけないものなの・・。」とのことまた訳わからなくなってます・・。

そうそう、この辺って食べ放題がたくさんあるんだよ、と教えると今から行きたいといってます・・。このお方は・・。食べ放題をはしごする気満々です。さすがにあきらめてもらって、車を走らせると「あれぇミスドは~?」さすがに我慢の限界です・・。

おそらく俺の家によろうとしてた彼女を止めて「肉まんさめちゃうから帰るんだろ?」とバイバイも言わず彼女を家に帰らせた・・・。

そのあと彼女からメール、バレンタインのプレゼント渡し忘れたとのこと。

まだ、前日だから関係ないじゃん。




バレンタイン当日

彼女からメールも来ない。俺からチョコ貰いに行くのも変なので、仕事終わって家で待つことに。

12時をまわってしまったので、彼女にメール。

「今年はコンビニのおっちゃんからしかチョコ貰えなかったよぉ。屈辱にゃー」

彼女から返信

「何でそんなイヤミしかいえないの?」

いや、それだけバレンタインのプレゼントとチョコ楽しみにしてたんだよ・・。
つうかなんで連絡しないのさ。浮気ですか?






copyright © 2005 彼女の病気をなおしたい all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。